配置薬事業

300年以上も支持されてきた、個別訪問スタイル。超高齢社会の今、時代を超えたビジネススタイルとして確立。
配置薬事業

13県下24営業所で
事業展開。
顧客全国190,000軒
という実績。

配置薬とは

一般的に「置き薬」や「富山の薬屋さん」の名称で親しまれ300年以上前(江戸時代)から続く事業です。配置薬の生みの親は、富山藩二代目藩主である前田正甫(まえだまさとし)です。前田正甫は、当時非常に良く効くと言われた富山の薬を全国に届ける事を考え、売薬さんの育成に力を注ぎ、富山の薬を全国すみずみまで広めていきました。
時代やお客様のニーズに合わせて進化し続ける配置薬事業は今でも多くのお客様に愛され続けています。

健康アドバイザーの使命

現在、日本は超高齢化社会になり、自分の健康は自分で守るという『セルフメディケーション』の意識が高まっています。
そんな中で私たち【健康アドバイザー】ができることとは、
お客様一人一人に合った健康のアドバイスと商品を提供するということ。
健康アドバイザーは常にお客様がより一層健康な生活を送っていただくことを考え、お客様を自分の家族だと思い親身になって話を聞きアドバイスをすることが一番重要な仕事です。
私たちは、適切な情報と商品を提供できる真の健康アドバイザー集団を創り、社会に役立つ企業を目指しています。

~先用後利~深い信頼関係で成り立つ

昔は診療施設や薬の販売などの整備がされてなく、また薬は高価なものだったため、いつ使用するか分からない薬を常備しておくことは、非常に困難でした。そこで考えたのは、先に薬をお家に預けておき、次回訪問した時に使用した分の薬の代金だけを頂く~先用後利~(先にお客様の用に役立ち、その後に代金を頂く)という仕組みを確立しました。
その仕組みにより、配置薬はとても便利で安心できる存在となり、全国に普及しました。
配置薬というシステムの基本は300年以上もの歴史で確立された~先用後利~つまり「お客様第一主義」という考え方によるものです。売り手とお客様との信頼関係を最優先することで成り立つビジネスなのです。