upskirt teen mexicana.xxnx movies

河上薬品ブログ

河上薬品ブログ

ブログ
旧ブログはコチラから
ご覧いただけます。

先輩社員の体験談 

こんにちは

総務人事課 川野名です。

先輩社員の体験談を更新していきます。前職はドラックストア関係で働かれていた中途社員の方の体験談です。

10月に関節系の商品を購入して頂きました、O様との内容になります。購入後のフォローで訪問し、服用状況や体調を伺うもあまり飲めていない様子。担当変更後、2度目の訪問という事もあり、まずは私も過去の服用時の意識の事など話をするなど飲み忘れは良くある事だと話をすると、実は過去にも薬害に合い、副作用で悩んだ事があると申し出がありました。再度関節系の商品説明をすると共に『栄養』なので安心して飲んで頂くように伝え、O様の悩みを十分伺い、その日は聞く事を重視して帰りました。3日後、再度訪問。正直会うのが少し不安もありましたが、笑顔のスイッチを入れカレンダーを渡しに来たと挨拶すると、「食後にちゃんと飲んでるわ。栄養だと言われ安心してる。」と嬉しい言葉を頂きました。

2回目の集金で「1ヶ月後に訪問すると、O様の方から「ねえ聞いて!病院に行ったらリウマチ因子の数値が改善されてドクターからも驚ろかれたの。足首の痛みも楽になったわ。嬉しくなって、同じ悩みを持っている友達に一本あげたの。」と笑顔で話をして頂きました。思わず私も同様に嬉しい事を伝え、暫く話をしていると、O様の会社の社長も同席され、「私も腰が痛い話をしたらOさんから無理矢理飲まされているよ。」と笑い話を聞かされる程でした。

河上グループに入社し数か月、上司からは商品は売る時ではなく、売った後が大切だと教えて頂き、忙しくてもフォローへ行く事への意識、お客様の健康を一緒に喜ぶ事を念頭に行動すれば、お客様の方からファンになって頂ける事もあるという喜びを味わえました。

今後も販売後こそ、お客様との会話を大切にし、1人でも多くのファンを増やしていきたいと思います。

先輩社員の体験談

こんにちは

総務人事課 川野名です。

先輩社員の体験談です。

山形県エリアの担当のお話です。

ヒザが痛いとの事で関節系の商品を年間販売したお客様との話です。

毎月の集金時には「少しも良くならないし、いつになったら治るんだ」といつも文句を言われていました。毎回そのたびに「予防ですよ、これ以上悪くならない為に飲んで頂いてるんですよ」と声をかけていましたが、毎月言われる事に嫌気がさしていました。ですが返品されるわけでもなく毎日しっかり飲んで頂いていました。1年が過ぎ、自分の中では「継続購入は無理だから毎月、集金に来る事もなくなるな」と思い、少しホッとした気持ちになっていました。最終集金の日、無理とは思いながら継続の話をすると、あっさり「もう一年頑張ってみる」との事でした。なぜ継続を決めて頂いたのか聞いてみると、「毎月文句を言ってるにも関わらず、嫌な顔ひとつせず、これ以上悪くならない様、死ぬまで自分の足で歩けるためだと、私のことを本当に考えて勧めてくれるあなたの言葉に元気をもらっていたんだよ」と言われました。嬉しい反面複雑な気持ちにもなりました。毎月、お邪魔することが億劫になっていた自分が本当に情けないという思いと同時に、健康アドバイザーのあり方を再確認いたしました。

今でもたまに、このやりとりはありますが、お会いするのがとても楽しみなお客様になりました。

 

〇病気予防の為に提案は私たちの大事な仕事です。お客様がより健康になる事に願いを込めて、沢山の提案をしていければと思います。

清流特別支援学校にミネラルウォーターを寄付しました!

総務人事課 川野名です。

清流特別支援学校にミネラルウォーターを寄付しました!

以前に清流特別支援学校にビクトリーのミネラルウォーターのラベルデザインを作って頂いておりました!

その関係もあり、水の寄付をしております。

約30ケース寄付致しました。

 

先輩社員の体験談

こんにちは!

総務人事課 川野名です!

本日も先輩社員の体験談の一部を公開していきます!

私が、その地区を任されてから5年が経ちました。その中で出会った75歳のおばあちゃんについてです。骨折して入退院を繰り返していたおばあちゃんは、2年前に脳梗塞で倒れて、玄関先に出てくることもできないような状態が続いていました。玄関まで娘さんが薬箱を運んできて頂いて、入れ替え作業をしながらベッドで寝ている壁の向こうのおばあちゃんと会話をしていました。不安な言葉が日に日に多くなっていると感じたので、伝える言葉はストレスにならないように「大丈夫!大丈夫!また来るから元気な顔を見せてよ!」と言い続けていました。そんな状態で半年が過ぎたある日、いつものように声を掛けても返答が返ってこないようになりました。娘さんの表情や玄関の雰囲気から察しが付きましたが、去年の秋頃に亡くなったと知りました。後日、娘さんから連絡があり伺ってみると、大丈夫は魔法の合言葉という題名で綴られた手紙がありました。大丈夫、大丈夫、きっと良くなる!河上さんから頂いた言葉は本当に心の支えになりました!という内容で、娘さんにいつものように話していたそうです。娘さんからは「母の為にも元気でいなきゃいけないから断っていたカルシウムをもらって飲んでみようかな」と言われました。言葉の持つ力や人と人とであるからこその温かさを感じました。

グループ会社ビクトリーの竣工式神事が行われました!

総務人事課 川野名です!

晴天の本日、株式会社ビクトリーの竣工式が行われました。

元々は去年行う予定ではありましたが、コロナ禍もあり延期しておりました。

本来であれば、より多くの方に工場見学も含めて、披露パーティーを計画しておりましたが、

コロナ感染対策もあり、今回は竣工式のみとなりました。

しかしコロナの状況や様々なタイミングを改めて、いずれは行いたいと思っております。

そして数多くの人に、安心・安全で美味しい水をお届けできる様に精進して参ります。